日本語にない英会話の子音

日本人にとって英語が苦手だ。下手だといわれると、いい思いはしないですが、そもそもの理由として英語と日本語の違いが挙げられます。

日本人が英語を聞き取れない要因に日本語にない発音があることがひとつあるでしょう。

日本語はどの言葉もAIUEOのいずれかが子音の後につくのでゆっくり会話すればどの音も大きな音で表現することができます。しかし、子音だけの音は大きな音として出すことができなものもあり、それらは日本人にとって非常に聞き取りずらく、英会話をスムーズにするにも大きな壁となっています。

とくに、子音の特徴は唇で小さく音が破裂したり、こすれたりした感じの音なのでなかなか言葉という認識は日本人脳にはできにくい状態に育ってしまっています。

英語を聞き取る上でこれらの音を意識して何回も聞いて、日本語にない音を言葉の音として脳に覚えさせる必要があります。特に英会話における話しはじめはすぐに日本語脳から切り替えができていないので、対応が難しいかもしれませんが、話し始めのパターンに慣れて日本語にない音を聞き取ろうとする意識を持つようにすると徐々に聞き取れるようになります。

なによりもまず、耳を慣らし、英語の音が自然と聞き取れるようにするといいでしょう。もともと私たちは日本語でずっと日常生活をしてきました。

英語の音を理解し、自然に聞こえるようになるまでは当然すこし時間がかかるかもしれません。それに負けずに、耳を慣らすのを意識して取り組むとだんだんと音が聞こえてくるようになるかと思います。

諦めず、継続できるように取り組んでいきましょう。

英会話における具体的な目標と目的

英会話を習得するにあたって、色んな人が色んな目標を持っていると思います。例えば、仕事で使うので会議で困らないようにしたいとか、定年後海外旅行をしたいので日常会話くらいを習得したいとかいった目標でしょうか。
たとえ小さな、些細な目標でもそういう具体的な目標は勉強においても非常に良いと思います。

あらかじめ目標や目的があれば、当然勉強においても、その仕事で良く使うフレーズや専門用語を中心に学べば効率が良いですし、旅行もまた同じように、ホテルのチェックインなどの旅行関連の言葉を覚えておけば良いでしょう。

 

そういうものがあるのとないのとでは大分勉強の質や効率の面でも違ってきます。さらに、遠い目標と達成しやすい近い目標を設けておくのもいいでしょう。

 

モチベーションの管理にも近い目標があるとプラスになります。

 

一方、自分の苦手な分野の話題まで話せるようにしようと、始めから高い目標を立てるのはおすすめできません。言語は長い長い時間をかけて習得していくものです。特に英会話となると、今までの英語学習法が通用しなくなるのでより難しくなります。
勉強”中”であることを効果的に利用して、正しい英語のために、今間違えたり失敗の経験を重ねていきましょう。そういった経験が後々生きてきます。完璧主義を目指さず、目先の目標を自分なりに持つことが長続きの秘訣と言えるでしょう。

それから、英会話の勉強においては、実際に話すことがとても大切です。そういった意味でもオンライン英会話 おすすめになります。こういった実践的な勉強は、あらかじめ自分が決めた目標、目的を元に、間違いを恐れずに積極的に自分の英語をブラッシュアップしていくことがメインです。

 

ある日寝て起きたら英語が話せるようになったなんてことは有り得ません。日々の積み重ねや日々の努力が英語の基礎となります。そして、会話の失敗や間違いという経験が英語慣れの秘訣です。

 

そういった体験をしなければいつまで経っても「無口な日本人」です。上達を目指すなら臆せず積極的に英会話を楽しみましょう。

個人で開講している英会話教室を利用するのもアリ

オンライン英会話や英会話スクールだけでなく、個人経営の英会話教室というのも比較的ありますが、こういったところはサポートが良かったり、先生とより近くで勉強できるというメリットがあります。

 

先生との関係が近いと、比較的フランクに英語のわからないところや教えてほしいことを網羅できるので、近くにそういう教室があり、値段的にも折り合えば、そういったところを利用するのもありでしょう。

 

 

#34歳 男性レビュー


私は海外の企業との取引がある部署に配属されたために、にわか仕立てで英会話の学習をはじめています。

当初はいつでも好きな時間に英会話学習ができるようにと、インターネットを中心に考えていました。授業料が安くて済むことも多いといわれているだけにそのことを魅力に感じていました。

しかし趣味で英会話を身に付けるのではなく、ビジネス目的でしかもなるべく速やかに確実に身に付けるには、よりしっかりと学んだほうがいいと感じるようになりました。

英会話学校の中にはビジネスクラスを用意しているところもあります。しかし探している中で、地元で個人で開業している方がとても丁寧な指導をしていることを知り、そちらの無料体験に参加してみました。
子供から大人まで幅広く対象にしていて、其々のニーズに合った教え方をしているわけです。子供たちもしばらく通っていると楽しみながら英語を発するようになるといいますから、すぐにも英会話が必要なだけに丁寧な指導を求めて学びに通うようになりました。

個人的には、先生と密な関係で勉強を進めていけるので、良かったとおもっています。


 

 

時間的にも厳しく、忙しい環境にある人はオンライン英会話でもいいでしょうが、時間の取れる方はこういった先生と楽しく勉強でき、より早い習得を目指している場合は、サポートも密にしてくれるような個人経営の英会話レッスンもいいでしょう。

 

自分の置かれている状況や環境を見極めてしっかり選ぶことをおすすめいたします。

ネットを活用して英会話の勉強をしよう

英会話のレッスンに取り組みたいけれど、時間もないし、お金もないと思っているかたも少なくないかもしれません。

 

特に、社会人になってからや新しい環境になってすぐの場合は、なかなか余裕もなく自分のことで精一杯な面もあるのでそういった場合の英語学習は、環境づくりが難しいところです。

 

ですが、ステップアップや自分の目標を大切にするなら、そういった時期でも少しずつ取り組んでいくことも大切です。そんな時に活用したいのが、お金をかけずに英語力を向上させる方法つまり、無料でできる英語学習環境作りです。

 

今は本当に便利になり、インターネットがあれば英文も読める。ニュースも見れる。動画も音声も無料で見たり聞けたりする時代になりました。

 

もはや時間がない、忙しいという言い訳すらも厳しい便利な世の中になっていますが、そういった便利なサービスをフルで利用していきましょう。

 

まず。英語力を向上させる近道は、なんといっても、英語に触れる機会を増やすことです。そこでおすすめなのが、BBCやCNNをはじめとするニュースサイトです。

BBC http://www.bbc.com/

CNN http://edition.cnn.com/

 

当然ですが、世界中でニュースや話題について配信しているものになりますので、英語の勉強もできて、世界で起こっていることも知れる取り組みができます。

 

日本で放送される国際ニュースも当然含まれていますので、日本での報道の仕方と世界での報道の仕方を比べる意味でも利用するのをおすすめいたします。

 

難しい英語もありますが、ニュースの大筋を追って、わからない単語が出てくればその都度意味を調べて理解していくようにするとより効果てきでしょう。

 

英語に限ったことではありませんが、英語をモノにしようとおもった場合、一朝一夕でどうにかなるものではありません。

 

日々の積み重ねと日々の取り組みをコツコツ積み重ねることが習得、上達への近道です。インターネットが普及し、英語を勉強する環境はよくなっています。言い訳が聞かないような便利な世の中になっていますので、日々の積み重ねを大切にして取り組んでいきましょう。

人と話せる力をベースにした英会話勉強法

私は、英語を使って技術対応を長年してきました。英語圏以外の国へ出張することもありましたが、やはりそういった先でも共通語である英語でのコミュニケーションといったところが基本でした。

 

そういったことを曲がりなりにも経験してみて、最も重要と感じたことは、文章力や発音よりももっと、伝える気持ちが重要なことでした。
結局は、英会話力を上達させるために重要なことは、コミュニケーションの成功体験などの全体的な経験の積み重ねが必要であり、人とのコミュニケーションを取ることを怖がらないことが大切だなと感じています。

もし英会話が上手くなれないと感じている人は、コミュニケーションを怖がっているのではないでしょうか。

 

 

コミュニケーション力の上達のためには、英会話を勉強する以前にいろんな日本人とのコミュニケーションを経験することも大事です。いつも話をする人以外とも積極的に会話をしてみましょう。

そのうえで、目的とする外国人とのコミュニケーションでは、常に日本人同士のそれよりも、見えない壁があったりエネルギーが必要だったりします。その場合においても、英語が拙くとも、何か伝えることや通じたことがあったというような成功体験(失敗したと考えないことも重要!)を積むことを意識するべきです。

 

そのコミュニケーションの成功体験の積み重ねをしていくうちに、外国人とのコミュニケーションスキルはアップし、それに語学力の上達が伴えばより多くの成功体験や自信が深められ、英会話力上達のための好循環が始まります。

こういった点で、自身の生活環境、例えば、家族、ご近所の人、先輩、後輩、少々柄の悪い人たち、子供達やおじいさんおばあさんまで幅広くコミュニケーションができた環境が、英会話習得に対して非常に意味のあるものだったと感じています。

日本人の英語への苦手意識の今、昔

先日、お話させて頂いた方のお話で面白いなと思ったのが、日本人の英語の苦手意識は今も昔も変わらないという話です。

 

その方から聞いた話しをレビューとしてご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 


私(53歳女性)は趣味で英語の勉強を始めてから3年経ちました。しかし英検準1級一次合格するために日々勉強に取り組んでいます。
そんな私が思う事は、やはり英語を身につけるためには「耳を鍛える事が最重要」だという事です。幼児の頃に英語の発音を聴いていれば聴き取れる音の幅が広くなり、英語を勉強するのに苦労が減るではないかと思います。
病院に勤務されている医療スタッフの若い人達(20歳代)と話す事があるのですが、英語が苦手だったという人が結構います。英検3級の面接がイヤで、全然英語検定を受けていないという人もいました。
インターナショナル化した現代でも「日本人の英語苦手感」は、私の若い頃よりそんなに変わっていないのだなぁ~と驚きました。

私たちの時代は、今よりももっと情報は少なかったですし、今よりも英語英語言われていなかったように思います。必要そうな人は当時も勉強していましたが、TOEICなど就職の履歴書に書くこともありませんでしたし、そこまで市民権を得ていたようには思いませんでした。

なので、今も昔も変わってないんだなーとしみじみ思いました。

 

今英語の勉強をしていて思うのは。出来ればのお勧めは「幼児の頃に、日本語と一緒に英語の単語をペアで覚えれば一石二鳥」だなと思います。
簡単な文章ならその時に覚えたいものですね。例えば Can I ~? とか。
やはり発音は生で聴きたいものですが、無理なら教材を使う事になります。
「英語は楽しい」という気持ちが大切なので、遊び感覚でやって欲しいと思います。

現在の私は初心者の頃(学生以来)よりは、オリビア・ニュートン・ジョンの歌の発音を聴き取れるようになったと感じていますが
さらなる上達はちょっと厳しいかも知れません。歌詞カードを見ながら曲を聴く方法でやって、消えた音を見つけたいと思います。


 

 

英会話には積極性がキモ

英会話の勉強を始めてもなかなか使う機会がなかったり、文法や発音を気にして口に出せなかったりする場面が意外と多く、間違ったら嫌だという気持ちも相まってなかなか思うようにいかないこともあります。

 

口に出す前に通じなかったらどうしよう?間違えちゃったらどうしよう?などの不安が頭によぎって結果何も話さない、発言しないということも。

 

でももし、外国人がカタコトの日本語で話しかけて来た場合、日本人の私達はきっと聞く耳を持って相手が何を伝えたいのか理解しようとするはずです。

きっと、その人は困っている。必死で伝えようとするからこっちも必死で理解しようとします。それが、英会話においても大切です。

 

特に勉強をして始めのころは、英語があっているかというより伝えようとする意思の方がはるかに重要です。

 

それは、私達が同じようにカタコトの英語で何かを伝えようとすればきっと聞く耳を持ってくれ、正しい英語、発音を教えてくれるからです。

 

自分が使った英語それが例え間違っていても、発音が悪くてもです。知っている単語や動詞をふんだんに使ってとにかく伝えようとする気持ちが大事だと思います。外国人の中には「アナタの英語はわからない。何を言ってるのかわからない。」などハッキリと言ってくる人もいますが、めげてはいけません。図々しいくらいの積極性を持つ事が英語習得の一番の近道です。

 

なによりも、英語を勉強”中”なのですから、間違えて当たり前です。勉強中なのに完璧に話せるようであれば、それは勉強中とはいいません。むしろ勉強する必要はありません。

 

勉強”中”とうのもある意味強みになります。ビギナーということでどんどん間違え、どんどん吸収していきましょう。

 

 

やってしまいがちな英会話の癖

日本人の人がやってしまいがちなことや、癖というのは意外と多いものです。日本語の使い方や日本語の癖といってもいいかもしれませんが、英語で話す場合はできるだけ注意しておきましょう。

 

やってしまいがちな英会話での癖

1、カタカナ英語、和製英語を使ってしまう

日本でも英語が日本語化され、日常的に使われているものがいくつかあります。

例えば
アルバイト part time job
ガソリンスタンド gas station, petrol station
クレーム complaint
ジーパン jeans
オーエル(OL) office worker

といったものがあげられますが、本来の英語の意味とは違う言葉として馴染みのある和製英語のほうをついつい使ってしまう傾向があります。

 

クレームについては、「クレームをする」といったような使われ方をしますが、claimは「主張する、請求する」という意味です。

 

苦情を言うという場合はcomplaintの方が適切です。クレームの方が馴染みのあるので、こういったケースは間違えないように注意しましょう。

 

2、語尾に母音を入れてしまう

日本語だと、必ず全ての音が母音で終わります。例えば、良いという意味のgoodという単語を日本語読みするとグッドになりますが、英語ではどちらかというとグドゥと発音します。

最後のdの後に、日本人は勝手にo(オー)の母音を入れて読んでしまっているのです。また、英語では詰まる音の「ッ」もあまり発音しないことが多いです。語尾の発音を特に意識すると、より英語らしい発音に近づきます。

 

2、フランクすぎる

英語を話せる風に見せたくて、ついスラングを多用したりしていませんか?
英語にも、日本語ほど厳しくはないにせよ敬語や丁寧語は存在しますし、初対面の人や目上の人に使うべき話し方というものがありすので、そこを無視しないようにしてください。

 

簡単に3つほど紹介させて頂きましたが、英語を少し話せるようになるにつれて癖が出やすい傾向にあります。

 

英会話自体に慣れてきたという側面もあるかもしれませんが、油断は禁物です。正しい英語を使えるように日々意識して注意していきましょう。

英会話におすすめなコトと意識

英会話というのは英語に触れていないと身につかないというのは当たり前ですが、相手がいる前提。もっと言えば、コミュニケーションが根本的な目的となっているので勉強を目的というよりかは、伝えることを目的として意識しましょう。

 

英会話のゴール

冒頭でも説明した通り、TOEICで高得点を取る。といったような試験のための勉強ではなく、「英会話」の勉強をする場合、相手に自分の気持ちをいかにスムーズに伝えられるか?というのが大切になってきます。

 

英会話を勉強し、自分の言葉で意思疎通をするという目標であれば、自然とより実践的な勉強の仕方になると思いますし、日常のシーンを元に英語で表現できるか訓練していきましょう。

 

些細なゴールでもいいですが、自分にとって明確な目標を設定しておくことはモチベーションや、やる気のためにもいいでしょう。それは小さなことでも英会話 おすすめの勉強方法になります。

 

試験用の英語と英会話の勉強のための英語

英語を勉強している人の中には、「この単語は誰が見てもわかる事実ではなく、自分の感情次第で変わるものだから・・・」などと単語自体を深く理解しようとする人がいます。

 

悪いことではありませんが、それは高校を受験したり大学を受験する時の方が役立ちます。英会話の場合、日本語で会話しているとわかると思いますが、相手の発言に対してこちらが発言する時に、悠長にそんなことを考えている暇はありません。

 

咄嗟に何かを口に出していくのが会話なので、「論理派」から「感覚派」への移行をお勧めします。外国語で間違えるのは当たり前です。

 

間違っていてもいいや、相手に伝わればいいや、くらいの気持ちで入るのが英会話習得への近道になります。知らない単語があるなら、他の単語で遠まわしでも補えばいい、気楽な気持ちでかまえましょう。

どうして日本人は英語で話せない?!

日本人にとっての英語アレルギーというか”完璧な英語”アレルギーは相当なものだなと感じることが多いのですが、それでも英語が非日常であるための「学生時代、英語はわりとできていたのに、いざ英語で話しかけられると固まってしまう。」というのは日本人にありがちなパターンです。

英語のテストはわりと得意で、英作文なんかもわりとできていたのに、いざ英語で話しかけられると簡単な質問にも動揺してしまう・・・。

 

そんな経験がある方は多いと思いますし、大半がそうではないかなと思います。結果、英語でコミュニケーションすることから遠ざけてしまうというのは悩ましい問題です。

 

 

話すことへの抵抗の元

英語の「音」
英語で話しかけられて、一番目に困るのが「聞き取れないから何を言っているのか理解できない」ことでしょう。多くの方は授業でリーディング、ライティングをやっているので、文字で来られた場合は理解が早いと思いますが、実際の発音となじみのある発音が違う場合、戸惑ってしまうことが多いでしょう。

“What’s your name?”を「ホワッツ・ユア・ネーム?」と読んでいたりすると、「ワッチャーネー?」という音で耳に飛び込んだとき、その音と”What’s your name?”が結びつかず、自分の慣れ親しんだ音の中から「割っちゃいねぇ」などと結びついてみたりなどし、混乱してしまうのです。
きいた音が自分の「言葉の引き出し」の中に入っていない・・・。それが「聞き取れない」の原因なのです。ですから、この「音」を「意味」の引き出しに入れる段階が必要となります。

 


義務教育を受けていた頃は、たいていの日本人は中学での英語学習がはじめての英語の出会いでしょう。
中学生にとって英語は「科目」です。テストで自分を試されます。

 

例えば、runは主語がIであればI runですが、主語がHeになればHe runsにならなければなりません。sをつけ忘れてはいけません。He runとなってしまっては×がついてしまうのです。
英語を「間違えないように」気を付けなければならないのです。当然、緊張も伴います。

そういった試験的な「まちがってはいけない」という感覚が英語習得の妨げになります。英語は間違えてなんぼです。間違えることで前にすすめる。

 

慣れこそ全て

小さい子供は「ぶぶぶ」等唇を使う練習をしながら「ブーブー」と言える音と意味を関連させて使えるようになり、もっと上手に子音や母音を使えるようになると聞いた音と意味を連動させて使えるようになります。

 

ことばの獲得には「練習」が不可欠でスポーツや楽器練習と同じです。

 

私たちも日本語初心者のとき、口を実際に動かし、言いたいことを音にする練習を積み重ねることで、自由に使えるようになってきました。

 

それとまったく同じように、今あるわたしの英語力に「英語の音」と「こころ」と「慣れ」の要因をクリアしていくことで、英語がずっと身近になり、アレルギーもなくなっていきます。

 

 

英会話サービスのすすめ

慣れにも多いに関係してくることになりますが、英語は繰り返し繰り返し聞いてしゃべって聞いてしゃべっての繰り返しが一番効果的です。

 

いくら机に向かって勉強しても、相手のある英”会話”では相手がいることが前提になります。もちろん単語や発音、文法といった基礎体力が大切なのはいうまでもありませんが、長年教育の場で授業を受けてきて、英”会話”ができないというのは、実際にしっかりと英語でする会話に慣れていないことの裏づけです。

 

英会話レッスンを実際にうけるか、海外の人と積極的に関わるか。というのが大変重要でおすすめ 英会話の勉強になります。

 

これは、当然自分の経験になりますし、机では勉強できない大切な時間になります。本当に英語を話したいと思うなら、間違いをいっぱいし、体当たりで積極的に英語を使っていくことをおすすめいたします。

 

それが英語習得において一番の近道になります。