英会話を話したいと思ったら

英会話の勉強は実践

日本では古い世代であっても、中学高校まで通えば6年間も英語教育を行っている。それにも関わらず日本人が英語ができないのは、どうしてなのでしょうか。

まず第一に、英語を学ぶことを目的としており、話すことを目的としていない事だといえるでしょう

英文法やリーディングを重視する授業が多いので、実際に英語を話すという授業が不足しています。日本人の教師だろうが外国人だろうが関係なく、英語を使っていかにコミュニケーションするかという事に尽きます。

せっかく覚えた単語なども話さないのならば宝の持ち腐れです。英会話の授業だけではなく、例えば数学や歴史などの他の科目も英語でやるくらい徹底すれば、日本人は義務教育が終われば誰でも話せるようになるでしょう。

英語を話したいのなら実践あるのみ!

高学歴と英語の関係はそこまで関係はありませんが、より知識をもっている人や英語を知っている人が、海外では全く英語を話そうとしないのは、大変もったいないでしょう。文法的な間違いなど恐れずに、どんどん英語で話していくべきです。

 

英会話学習の壁

英会話を行う際に一番困ることは、相手が何を言っているか分からないことです。実際の英会話では、早口であったり、会話特有の言い回しがあったりします。教科書に載っているようなきちんとした文章で話してくれるとは限りません。

それをどのように聞き取るかが問題です。英会話の教材では、実際に使われている表現よりも、教材であるために正確な表現が再現されていることが多いのです。教材にある英会話ばかり聞いていると、いざ会話をしてみようとしても言っている表現が違い過ぎて分からなかったということもしばしばです。
では、本当の英会話を聞くにはどうしたらよいのでしょうか。それは、海外ドラマを見ることです。海外ドラマには日常の会話で使われる表現がたくさん出てきます。海外ドラマのDVDを一枚用意して、英語の音声と英語の字幕で何度も見ることです。次に何を言うかを覚えるてしまうくらい見ると、どんな状況でどんな表現をするのか自然に身についてきます。好きな海外ドラマを使っての英会話のリスニング練習をぜひお試しください。

 

リスニングの勉強の一貫として映画とドラマを活用する

英会話学習法の一つとして、映画や海外ドラマ鑑賞おすすめします。今は、huluやnetflixなど、月額○○円で映画、ドラマ見放題というサービスが多くあります。

そういったサービスを利用して、楽しみながら英語を勉強するのも気分転換や刺激にもなっていいでしょう。
参考にするべきドラマ等は、日常系のなるべくわかりやすい、なまりがなく発音をしているドラマがいいでしょう。

 

私のおすすめ

「デスパレートな妻たち」 ◎

この作品は会話の量が多いですし、難しい単語があまりでてきません。それにあまりわからなくても、何となく言ってることが予想できます。
それに日常の生活がテーマですので、非常に真似したい言い回し等がよくでてきます。いいなと思った表現は、ノートにまとめておくと便利ですよ。

 

「グレイズアナトミー」 △

医療系のグレイズアナトミーのようなドラマは専門用語が多くて、見ていて少しストレスを感じてしまいます。専門的な単語やあまりなじみの内英語が聞こえてきたりするので、初心者にはおすすめしません。

(※医療現場を離れたりすると、理解できやすいとは思いますが。)

なので、ドラマによっては全然聞き取れなくてつまらなくて結局字幕を見るというパターンがでてしまうので、わかりやすいものから見ていきましょう。

リスニング英会話.comでは、リスニングの勉強のおすすめをほかにも紹介していますので、確認してみてもいいでしょう。

 

ドラマの次は、オンライン英会話等を利用して、実際に英語を使ってみることをおすすめいたします。ドラマと映画を見るのでも、効果的に行えば週一回の英会話学校に行くよりも、英語力はアップするケースもありますので、バランスを取りつつ勉強するのがいいかもしれません。

あと日記を英語でつけるのも、英語力アップの秘訣です。英会話学校でよく先週はどうだった?と聞かれるパターンが多いので日記をつけておくと、すんなり答えられて先生との会話もスムーズにいくのでぜひおすすめします。