日本語にない英会話の子音

日本人にとって英語が苦手だ。下手だといわれると、いい思いはしないですが、そもそもの理由として英語と日本語の違いが挙げられます。

日本人が英語を聞き取れない要因に日本語にない発音があることがひとつあるでしょう。

日本語はどの言葉もAIUEOのいずれかが子音の後につくのでゆっくり会話すればどの音も大きな音で表現することができます。しかし、子音だけの音は大きな音として出すことができなものもあり、それらは日本人にとって非常に聞き取りずらく、英会話をスムーズにするにも大きな壁となっています。

とくに、子音の特徴は唇で小さく音が破裂したり、こすれたりした感じの音なのでなかなか言葉という認識は日本人脳にはできにくい状態に育ってしまっています。

英語を聞き取る上でこれらの音を意識して何回も聞いて、日本語にない音を言葉の音として脳に覚えさせる必要があります。特に英会話における話しはじめはすぐに日本語脳から切り替えができていないので、対応が難しいかもしれませんが、話し始めのパターンに慣れて日本語にない音を聞き取ろうとする意識を持つようにすると徐々に聞き取れるようになります。

なによりもまず、耳を慣らし、英語の音が自然と聞き取れるようにするといいでしょう。もともと私たちは日本語でずっと日常生活をしてきました。

英語の音を理解し、自然に聞こえるようになるまでは当然すこし時間がかかるかもしれません。それに負けずに、耳を慣らすのを意識して取り組むとだんだんと音が聞こえてくるようになるかと思います。

諦めず、継続できるように取り組んでいきましょう。

英会話における具体的な目標と目的

英会話を習得するにあたって、色んな人が色んな目標を持っていると思います。例えば、仕事で使うので会議で困らないようにしたいとか、定年後海外旅行をしたいので日常会話くらいを習得したいとかいった目標でしょうか。
たとえ小さな、些細な目標でもそういう具体的な目標は勉強においても非常に良いと思います。

あらかじめ目標や目的があれば、当然勉強においても、その仕事で良く使うフレーズや専門用語を中心に学べば効率が良いですし、旅行もまた同じように、ホテルのチェックインなどの旅行関連の言葉を覚えておけば良いでしょう。

 

そういうものがあるのとないのとでは大分勉強の質や効率の面でも違ってきます。さらに、遠い目標と達成しやすい近い目標を設けておくのもいいでしょう。

 

モチベーションの管理にも近い目標があるとプラスになります。

 

一方、自分の苦手な分野の話題まで話せるようにしようと、始めから高い目標を立てるのはおすすめできません。言語は長い長い時間をかけて習得していくものです。特に英会話となると、今までの英語学習法が通用しなくなるのでより難しくなります。
勉強”中”であることを効果的に利用して、正しい英語のために、今間違えたり失敗の経験を重ねていきましょう。そういった経験が後々生きてきます。完璧主義を目指さず、目先の目標を自分なりに持つことが長続きの秘訣と言えるでしょう。

それから、英会話の勉強においては、実際に話すことがとても大切です。そういった意味でもオンライン英会話 おすすめになります。こういった実践的な勉強は、あらかじめ自分が決めた目標、目的を元に、間違いを恐れずに積極的に自分の英語をブラッシュアップしていくことがメインです。

 

ある日寝て起きたら英語が話せるようになったなんてことは有り得ません。日々の積み重ねや日々の努力が英語の基礎となります。そして、会話の失敗や間違いという経験が英語慣れの秘訣です。

 

そういった体験をしなければいつまで経っても「無口な日本人」です。上達を目指すなら臆せず積極的に英会話を楽しみましょう。